お笑いの様々な形

日本独特の文化では「お笑い」が存在します。
もちろん他国にもバラエティやユーモアを取り入れた文化は存在しますが、ここまで生活に身近で漫才やコント、落語などと笑いの種類を分けた職業は日本だけです。
今では、芸人達が番組の司会からひな壇まで占めていて、歌や演技などにまで手を広げている芸人さんも多いので夢ある職業の一つです。
お笑いブームの発症は1980年代の「漫才ブーム」からです。
ひと口に漫才と言っても披露の仕方は様々でした。
音楽、テンポ、ノリなど目を惹きつけられる要素があくさんあったのですね。
そのブームは形を変えて今でも継続されています。
見せる者や、見る側が変わるにつれ、漫才やコントも時代に合わせて新しいものが出てきています。
これからもっと発展を見せていくんでしょう。
お笑いが様変わりする中、伝統的な笑いは「落語」にあります。
より、厳しい世界で伝統的な噺を学び披露していくのも、一つの日本文化を伝えていく上でとても素晴らしいものだと思います。